ログイン/買い物かご

メールアドレス
パスワード

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

ステンドグラス教室

メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

ステンドグラス用のガラス・道具・型紙などの材料は、姉妹サイトの「コンフィアンス」をご覧ください。

デザイン画提出と、デザインの選定

ステンドグラスのパネルを付けるのならば、気に入ったものを付けたいですよね。
ここでは、デザイン画提出からデザイン画選定までの流れをご説明致します。

デザイン画提出と、デザインの選定

デザイン画提出

お問い合わせいただいた時に、付ける窓の大きさを伺って、その場でだいたいの金額をお答え致します。(「5万~8万円くらいです。」というような、おおまかな金額です。)

その金額と、お客様のご予算が合って、付ける事が可能だと分かってからデザインとお見積もりを提出致します。「いくらぐらいなんですか?デザインと見積もりだしてみて下さい。」と言われても、デザインだけで2週間くらいはかかってしまいますので、 デザインと見積もりを出してから「やっぱり高いのでやめます。」と言われると、困ってしまうというのが、正直なところです。

付ける事を前提にしたうえで、デザインをしています。デザインを提出して付けるのを止めた場合、デザイン料をご請求することはありません。制作に入ってしまっている場合は、材料費とそれまでの制作費をご請求いたします。

ビトロがどういう感じのステンドグラスを作っているかは、ホームページの作品を見ていただけると分かると思います。あまりにもかけ離れた作風のものを求められても、おこたえできない場合もあります。なるべくお客様の求めているものに近いものを作るようには努力していますが、私1人でデザインしていますので、どうしても私の作風が入ってしまいます。

デザインは2~3案提出していますが、イメージが合わない場合や、色が気に入らない場合などは、デザインを直して再提出もしています。

再提出とは?

「全体的に青が多いので、もっと明るい感じの色に変えて下さい。」と言われた場合は、デザイン画はそのままで、全体の色を黄色などの明るい色に変えて再提出したり、 「この花ではなく、違う花にできないですか。」と言われれば、デザイン画を描き直して再提出しています。

まとめると・・

ご予算とステンドグラスの値段が合って、ステンドグラスを付けると決まってから、デザイン画と正式なお見積もりを提出いたします。

デザインは、お客様の気に入ったものになるまで何度でも直します。
お客様のイメージと、私の作風が、あまりにもかけ離れている場合は、お断りいただいても大丈夫です。